ロゴ

新・木偏百樹

1.文化 | 新・木偏百樹TOPに戻る
木の名

いすのき

別名
(イス、ハウソ、ハハソ)、真榊(マサカキ)、櫛木(クシノキ)、灰木(ハヒノキ)、、瓢木(ヒョンノキ)、、?藤(ヒョンノキ)、蚊母樹(ユスノキ、ブンボジュ)
ユシノキ、、ユシノキ、サルブエ、サルノフエフキ、ヒョヒョノキ、フエノキ、エンブ、ホーチコ、ヒョン、、 高さ20-25m、幹の直径1mの大木になる木もある。
本州の南部(静岡県伊豆地方以南)、四国、九州、沖縄 に分布しており、さらに、済州島、中国、台湾などにもみられる。南九州では固有の常緑広葉樹天然林の主林木である。
日本では九州とくに鹿児島県がイスノキの産地としてよく知られている、それ以外では知られていない。巨樹では静岡県下田市吉佐美の八幡神社や福岡 県古賀市清瀧寺が有名で、ともに国と県の天然記念物である。
強健で萌芽(ほうが)力があり、。
移植は容易。
ほとんど土質を選ばず、適応性が高く、耐アルカリ性、半日陰でもよい(耐陰性が強い)
耐乾性があり、強い刈り込みに耐え、潮風に強い。昔はミカン畑の防風林に利用されていた地区もある。
水はけの良い砂質土でよく育つ。
そのため公園樹 街路樹 環境緑化樹 庭園樹、日陰用や生け垣用として植えられる。神社、寺院にも多い。
この木の歴史は古く、「大和本草」、「和漢三才図会」などにも出ている。
イスの葉には巨大な虫こぶができ大きなのは7cmにもなり虫が飛び去ると空殻となり、これを吹くとヒョウ、ヒョウと鳴るので上記の別名がある。
この虫こぶはタンニンを含んでいるので染料に用いられる。
材は耐久性大きく、気乾比重は平均0.90程度で、国産材の中ではもっとも強く、重硬なため、割れにくく切削などの加工や乾燥はかなり難しい。製品は一般 の用途には硬すぎ、独特の用途がある。
心材は黒いので紫檀、黒檀の模擬材にされる場合も多い。
唐木細工に類似した寄木細工、木象嵌、机、台、棚などの指物、器具類、箸、小槌、ブラシ木地、、算盤の枠、玉、、彫刻材、樽桶、ことに砂糖樽、、楽器(三味線、琵琶の撥(ばち)など)機械、ろくろ作品などに使われる。
建築材ではフローリング、床柱、床板、敷居、縁材、建設としては港湾施設の防舷(ぼうげん)、材、枕木など、楽器などでは特に三味線の棹(さお)、琵琶の撥(ばち)など、薪炭などの用途もあるが、火持がよい。
万葉集には「つげの小櫛(おぐし)」を歌ったものが多く、イスノキのものはない。
現在も宮中で利用していることから、当時から身分の高いものが利用していたということは間違いないが、なぜ歌にでてこないかは疑問に思う。
ツゲ櫛とどちらがいいかというのは意見はいろいろある。
陶磁器のうわ薬にする椅灰(いすはい)を作る。
灰は安定して溶けやすいのでイスノキのものが良いといわれている。
立ち木のまま枯らして、さらに長期間風雨に曝したものを床柱にしたり、伐倒し、そのまま放置させておくと、辺材部が腐ったりして自然消失し、心材部がそ のまま残る。
このようにして材料にしたものを「スヌケ」と呼んでいるが、この材で作った剣道の素振り用の木刀を父は愛用していたが、亡くなってら形見分けに欲しいと いう人が出てきて、あげてしまった。当時の私は建築用材以外は興味なく、この木のことを知っていたら、きっと手元においていただろう。
学名
Distylium racemosum
まんさく科
イスノキ属
落葉高木
常緑高木
雌雄異株
 
英名


8/100 ページ 最初の頁 前ページ 次ページ 最後の頁
.